マシバシイネツルカモ

ポスドクサラリーマンが美肌を目指す③ ~皮膚と脂質・ビタミン栄養~

前回は美肌のためにアミノ酸栄養のバランスが必要だと説明しました。

今回はアミノ酸以外の脂質、ビタミン、ミネラルについて美肌に必要な栄養を説明します。

 

脂質

食事中の脂質の量は、皮膚を構成するコラーゲン、ヒアルロン酸セラミドの量に非常に大きな影響を与えています。

(それぞれの皮膚における役割は、ポスドクサラリーマンが美肌を目指す①をみてください。)

脂質摂取量が増加すると、皮膚TGF-β1という遺伝子の発現量が減少し、コラーゲンやヒアルロン酸量を減少させます。

一方、α-リノレン酸は必須脂肪酸であり、この欠乏は、成長阻害、皮膚の乾燥、発疹また炎症反応の障害を引き起こします。

結論としては、脂質は取りすぎず、α-リノレン酸は必ずとることが美肌に必要となります。

しかしα-リノレン酸は十分な科学的根拠がないため、推奨する摂取量は設定されていないようです。

 

ビタミン

⑴ビタミンA

ビタミンAの欠乏は、皮膚の乾燥、シワの増加を引き起こします。ビタミンAの1つであるレチノイン酸は、ニキビ治療、光老化の改善、すなわちシワを改善します。

また表皮において、ヒアルロン酸量の促進や、メラニン合成を阻害します。

 

ナイアシン

細胞レベルで、ナイアシンは、セラミド合成を増加させ、肌の水分の蒸散を抑制し、表皮のバリア機能を改善させます。

 

⑶ビタミンC

ビタミンCの欠乏は、コラーゲン合成やプロテオグリカン合成を減少させます。よってビタミンC欠乏は、皮膚において創傷治癒の知見を招きます。

 

⑷ビタミンB12

ビタミンB12欠乏により、メラニン合成による皮膚のメラニン沈着が認めれれるようになります。

 

今回のまとめです。

脂肪の多い食事は避ける、しかしα‐リノレン酸は摂取!

ビタミンA、ナイアシンビタミンB12を摂取!!

 

次回は応用編です。

ポスドクサラリーマンが美肌を目指す②、③」で紹介した美肌に必要な各種栄養素を含んだ食品を紹介したいと思います!!!

 

ポスドクサラリーマンが美肌を目指す② ~皮膚とアミノ酸栄養~

今回は、美肌にはどんな栄養がいるのか?といった疑問について、特に中心となるアミノ酸について書いていきます。

 

食事中のタンパク質の質は、皮膚を構成するコラーゲンヒアルロン酸非常に大きな影響を与えます。

皮膚コラーゲンの合成は、食事中のアミノ酸バランスに迅速にまた敏感に、影響を受けることがラットを使った実験でも明らかとなっています。

食事中のアミノ酸バランスが悪い、もしくはタンパク質が含まれていないと、翌日からコラーゲンのmRNA量が減少してしまいます。

つまり

バランスよくアミノ酸を摂取しないと、生体内でコラーゲンがすぐ作られなくなるのです。

 

ヒアルロン酸量も食事中のアミノ酸バランスに影響を受けやすいです。

ラットを用いた実験で、アミノ酸バランスの悪い食事では、タンパク質がない食事と同様に皮膚ヒアルロン酸量は減少したようです。

つまり

ヒアルロン酸もバランスのよいアミノ酸の摂取が必須ということです。

 

ではコラーゲンを直接摂取する場合はどうでしょうか?

昔からコラーゲンはよく売ってますね。「コラーゲン入りで肌にいい!」ってことをうたい文句にしている商品も良く見かけます。

コラーゲンを食べても、消化の過程でアミノ酸に分解されます。消化されず肌までコラーゲンのまま届くことはありません!!

ではコラーゲンが消化されたアミノ酸群のバランスはどうでしょうか?

コラーゲンのアミノ酸組成は、グリシンが33%、プロリンとその水酸化されたヒドロキシプロリンが22%を占めています。しかし必須アミノ酸であるトリプトファンは全く含まれていません。

よって

コラーゲンを摂取しても、アミノ酸バランスは悪く、皮膚コラーゲンは増えません!!!

 

また、成人が取るべき各アミノ酸量は下記のように報告されています。

f:id:chroemon:20190117225751j:plain

通常ならここで、健康食品を紹介するところかもしれませんが、私はただのお小遣い3万円サラリーマンです。できれば日々の食事でなんとかしたい。そこで各食材におけるアミノ酸量に関しては、本シリーズの後半で調べていきたいと思います。

 

今回のまとめです。

美肌にはアミノ酸バランスの良い食事が必要!!!

 

 

次回「ポスドクサラリーマンが美肌を目指す③」では、アミノ酸以外に美肌に必要な栄養素について書きたいと思います!!

ポスドクサラリーマンが美肌を目指す① ~皮膚の基礎~

まずは、変なタイトルですみません。

実は30代後半となり、疲労の蓄積や、肌の老化などを感じるようになってきました。

20代の頃は女子に10代の肌ようだと言われたこともありましたが、最近は肌のハリの無さからか、顔から疲労と老化を着実に感じています。。

モテたいという願望はないですが、無駄に年を取りたいとも思わない。疲労も翌日に持ち越すことなく過ごしたいサラリーマンは多いのではないでしょうか。

 

ではどうすればいいのか・・・

運動する体力はあまりないし・・・

健康食品はどれも胡散臭いし・・・

うん?食品??そういえば食事とか栄養とかちゃんと調べたことがない・・・

そうだ!栄養学を勉強して、科学的に妥当な栄養素を摂取すればいい!!むしろ何故今まで毎日口にする食品を科学的に気にしなかったのだ!!!

 

というわけで、私の大好きなジュンク堂池袋本店で目的に合致した本を探しに行きました。

健康栄養学 ―健康科学としての栄養生理化学― 第2版

上記の本が、まさしくこれぞ求めていた物!っといった題名で、早速購入しました。

 

まず皮膚の構造ですが、

f:id:chroemon:20190115232028j:plain

皮膚の構造


外から表皮、基底膜、真皮の順に構成されています。真皮には。コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの細胞外マトリックスとよばれる物質で満たされています。

コラーゲンやエラスチンは、皮膚のはりやシワに関与し、ヒアルロン酸は瑞々しさに関与しています。以下に代表的なものについて記載します。

 

1)コラーゲン

コラーゲンは、半減期(全量のうち、半分が置き換わるために必要な時間)が非常に長いタンパク質で、なんと15年以上といわれています。皮膚コラーゲン量は30歳代までに徐々に増加し、その後減少します。

図を見る限り、それほど大きな減少に感じないですが、皮膚の見た目に対する影響は大きいのでしょうか。不勉強のため、現時点では不明です。

f:id:chroemon:20190115232824j:plain

2)ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は1gあたり6Lの水を保持することが可能で、生体内の水分の保持に役立っています。真皮、表皮ともに存在し、年齢などの原因によるヒアルロン酸の量の減少します。どの程度年齢によって減少するのかは、また今度調べてみます。

ヒアルロン酸は、半減期が半日というかなり早い速度で行われています。これは1日ごとの食生活による影響は大きい可能性は高そうです。

 

3)エラスチン

エラスチンは弾性繊維とよばれるもので、光によって異常に分解され、細かいシワを生じる原因となります。また老化とともにアミノ酸組成が変わるようです。

 

次回「ポスドクサラリーマンが美肌を目指す②」では、どのような栄養素をとれば皮膚の老化を軽減できるのかを書いてみたいと思います。

 

ポスドクからの民間企業への就職手順①

このブログでは「博士やポスドクからの企業への就職」が最もアクセス数が多いようです。

当時、私も誰にも頼ることもできず、1人でもがき苦しみながら就職活動をしていました。そこで今回は、知ってて得するポスドクから民間企業就職活動のノウハウ的な話を書ければと思います。

今日は第一回目として、初めにすべきことを書きます。

 

①まずは転職仲介サービスに登録!!!

 

まずはどんな企業の募集があり、自分がどんな企業に就職したいandどんな企業であれば採用してくれそうかを知る必要があります。

まずは「ビズリーチ」に登録しましょう。

あらゆる転職仲介業者が使用しており、面会確定のプラチナスカウトといったシステムもあり、ダントツで有用です。たまに企業の採用担当者からも連絡がきます。

 

仲介業者は、履歴書や職務経歴書のテンプレートを持っています。一度作成すれば、微調整しながら使いまわせるため、まずは仲介業者とコンタクトし、履歴書、職務経歴書を作成しましょう。

 

民間企業への就職経験0の人間にとって、仲介業者はいろいろな選択手段を教えてくれます。まずは自分自身のスキルや経験から、どんな選択肢があるのかを情報収取しましょう。1~3か月様子をみれば、だいたい自分の選択肢の上限~下限が分かります。

大事なのは、急いで下限の選択肢をつかまないことです。仲介業者の中には、自分の利益しか考えずクソ案件を紹介してくる方もいます。リクナビも下限案件ばかりなので、登録の必要はないです。

民間への転職を考えているということは、すでに厳しい状況下にいるとは思いますが、そこはじっと我慢して、良い案件にのみ申し込みましょう。

鈴木敏夫が語るプロデューサーという仕事

久々に示唆に富む素晴らしい記事がありました。ジブリ鈴木敏夫さんが高畑勲監督について述べた以下のインタビューです。
bunshun.jp

まず最初に最初に気になったのは以下の部分です。

 席に着くやいなや、高畑さんは先制パンチを放ってきました。「僕が原作のどこに感動して映画を作ろうと思ったか、そういうくだらない話を聞きたいんでしょう」。以前に電話で話して、難しい人だということは分かっていました。僕はそのパンチをかわし、入念に準備した質問をぶつけていきました。それに答える高畑さんの話は止まらず、気がついたら3時間が経っていました。席を立つ間際、高畑さんは言いました。「取材にならなかったでしょう。記事にはならないですね」。僕はその挑発を受けて立ち、記事を書きました。
 その日から映画の完成まで毎日、高円寺に通い、高畑さんと話し続けることになるんです。そして、完成披露パーティの席上、高畑さんから「あなたのおかげで自分の考えを整理できた」と言われました。僕が映画を作るおもしろさ、プロデューサーの醍醐味を知ったのは、そのときが最初だったかもしれません。

 私自身もMSLとして、その領域の第一線で働く専門家と話をさせていただく機会が多くありました。この話は一流の専門家と仕事をする人間が目指すべき1つの姿ではないでしょうか。

私もどのような方法が、質の高い対談となるのかを常日頃考えさせられてきました。最も目指すべき姿は、相手側も満足し、自分自身も会社として必要な情報を得られることであることは間違いありません。ではどうすればそうなるのか、これが難しいのです。ビジネス本などにもあまり見かけたことがありません。

  1. 専門知識
  2. コミュニケーション力

この2つが重要となります。1は知識を詰め込むという単純な方法で解決します。しかし相手はその道で一流の専門家であり、こちらより知識がある場面のほうが多いです。また専門知識を持っているだけの人間と話していても、ハッキリ言って面白くありません。相手方の満足度を上げるためには2が重要なのです。その2のための1つの回答が

「あなたのおかげで自分の考えを整理できた」と言われました。

ではないでしょうか。

この言葉は話す相手側の評価として最高の言葉だと思います。

鈴木敏夫さんが宮崎駿監督や高畑勲監督と一緒に仕事をし、優れた作品を世に届けつづけた神髄の1つを垣間見た気がします。

仕事以外の視点を持とう

元々アカデミアで研究をしていたこともあり、目の前の仕事にのみにただ一心不乱に集中することが最も良いと考えていました。

企業に入り、ビジネスという混沌とした広い世界で仕事をしていると、目の前の仕事だけに集中するリスクというものが見えるようになりました。

お金、チャンス、面白い事というのは世の中に偏って存在しています。しかも時々刻々移動しています。

目の前の仕事や現在の環境にのみ視点を置いていては、それらが今どこにあるのかが分かりません。そもそも自分にとってのチャンスや面白いことが何なのかに、気づくこともできません

より広い視点で世界を見、自分自身にとってのベストな生き方を見つけるために、先ずは下記の方法をお勧めします。(もちろんすでにとっている方はいると思います。)

 

1.twetterをはじめよう

多くの企業では、SNSは多くの制限がかかっていると思います。私自身も以前はSNSは会社員にとってリスクの方が高すぎると考えていたため、控えていました。

しかし、twetterは必ずおこなった方がいいです。社会人としては必須だと今は考えています。

twetterほど各業界の最新動向がわかる方法はありません。自分とは違う分野の方々を積極的にフォローし、今の世界の最新動向を知り、井の中の蛙から脱しましょう。

 

2.ビズリーチとLinkedInに登録しよう

ビスリーチもLinkedInも転職用のサービスです。転職を積極的に勧めるわけではありませんが、チャンスや面白いことは常に流動しています。同じ能力であっても、ある会社の人は昇進し、ある会社の人は昇進しないなんてことは当然のようにあります。各会社が今必要としている人材というのは、その会社の状況や上司に依存しているからです。

またこれらのサービスに登録することで、自分の市場価値が分かるようになります。

どこが売りで、今後どこを伸ばせばいいのかがハッキリと分かるでしょう。上司との面談なんかよりよっぽど客観的で、ドライな価値が分かります。

今の会社で市場価値より低い待遇であれば、転職すればいいですし、市場価値と同等もしくは高くかってもらっていれば、現職で頑張るのが良いでしょう。

 

人の能力は千差万別で、適材適所がもっと進むことが世の中を良くします。

自分自身のためだけでなく、世の中により貢献するためにも、より適切な場所で働くことを意識することは重要です。

Plastic Chinaから世界を考える

録画してあった「プラスチック・チャイナ」という海外のドキュメンタリーを見た。

www.nhk.or.jp

小さな子供たちが劣悪な環境で生活している姿は、同じ年齢の子供を持つ身として見ていて胃が痛くなる。

中国では、廃プラスチックが有価物なので、欧州、米国、アジアの国々で発生したプラスチック廃棄物は中国に輸入され、各地にある処理場でリサイクル処理されていたそうだ。

2017年12月31日、中国は“洋垃圾(外国ゴミ)”の輸入を禁止した。これにより、この子たちが廃プラスチックに囲まれた生活はできなくなるだろう。

しかし、このことの本質は廃プラスチックや輸入ゴミではない。

結局、我々の社会は富める者がいる一方、貧する者がいるということだ。

 

経済の専門家でも何でもないが、資本主義とは結局全員が富むことはできないシステムだと思う。資本主義とは、電気が+からーへ電子が流れることが重要であることと同様に、富と貧との間の格差のエネルギーで動いているシステムなのだ。

歴史から考えるに、これは資本主義というよりは、人間社会そのものが栄えてきた原理そのもののような気がする。

狩猟採集の時代から、農耕が始まり余剰分の食糧ができてから、その余剰分がどこかに偏ることで、食糧生産に携わらなくてもよい人ができ、その時点で平等性はすでに失われたのだろう。格差が小さいか大きいかだけの違いで、本質的な現代の貧富の差はそこが起源であると思う。

 その格差の間でおきるエネルギーを用いて、人類は他の生物にない繁栄を築いたのだ。

 

とはいえ、だからしょうがいないのだと割り切れるほど出来た人間ではないので思い悩む。身の回りの人間の幸せを守るだけでも割と大変だが、それでも何か他にできやしないかと無い頭を使うのだ。