マシバシイネツルカモ

雑記

仕事以外の視点を持とう

元々アカデミアで研究をしていたこともあり、目の前の仕事にのみにただ一心不乱に集中することが最も良いと考えていました。 企業に入り、ビジネスという混沌とした広い世界で仕事をしていると、目の前の仕事だけに集中するリスクというものが見えるようにな…

Plastic Chinaから世界を考える

録画してあった「プラスチック・チャイナ」という海外のドキュメンタリーを見た。 www.nhk.or.jp 小さな子供たちが劣悪な環境で生活している姿は、同じ年齢の子供を持つ身として見ていて胃が痛くなる。 中国では、廃プラスチックが有価物なので、欧州、米国…

コミュニケーション能力とは① ~聞く能力~

コミュニケーション能力がまだ少し未熟で、本来の能力を出し切れておらず、勿体ない事例を見受けることがあると思います。助言をするためには、知識や経験をある程度体系化する必要があるため、その点をまとめてみます。 私自身も研究所での研究職から企業に…

日本人の海外に対する憧憬について

日本人は海外、特に欧米の文化に関して、妙な憧れというか、まるで教師のような感覚をもっていることが現代にあってもあると思います。 しかし、そのような感覚から脱しないと、常にだれかのお尻を追い回すだけの2番煎じの国のままでいることでしょう。 世界…

Why think, Why not try

NHK BSでやっている「フランケンシュタインの誘惑」が面白くて偶にみますが、ジョン・ハンターの回が刺激的でした。 ジョン・ハンターは18世紀にいた外科医・解剖学者です。 番組の中では、天才的な腕をもつが倫理観はない人間のように紹介されていました。 …

自戒

水は低きに流れる。 初心忘るべからず。 年を取り、変に経験値がついてくると、初心を忘れてしまいます。 自戒をこめて、好きな司馬遼太郎の小説「項羽と劉邦」を見直してみます。 この中でも劉邦の下記のエピソードが好きです。 「あなたは、無道の秦を誅滅…

博士やポスドクから企業への就職

日経で「日本企業、博士採用増で生産性低下 日経センター分析」という記事が出ていました。(追記:後日題名が変更されたため、下記の表示も変わっています。) www.nikkei.com 総務省や日本経済新聞社の調査から分析した。全社員に占める博士号取得者の割合が…

素早い魚が動きの遅い魚を食べる時代

日経の記事で非常に興味深い言葉がありました。 ゴム手袋世界最大手、マレーシアのトップ・グローブのリム・ウィーチャイ会長が「日経Asia300サミット」で話した内容で、 「昔は大きな魚(大企業)が小さな魚(中小企業)を食べたが、今は素早い魚が動きの遅…

AIに興味をもった起源

仕事が始まり、趣味の時間がとりずらくなってきましたが、まずは基礎の数学の勉強をしています。 今日はそもそも何故AIに興味をもったのかという自分なりの起源を書いてみます。 人間の意識とは何なのかということに子供の頃から興味があったのですが、私が…

創造性か死か

NHK BS1スペシャルの欲望の資本主義2018の後半だけ見ました。 2045年にはAIが人間の脳を超えるというシンギュラリティ(技術的特異点)が話題となっていることもあり、興味深いものでした。 その中で、「新しいテクノロジーが本当におこなっているのは、古い…

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 年末から年始まで、家族行事+休養をしていました。 ありがたいことに、今年はまだ少し休みがあるので、また1年間頑張れるよう頑張ってダラダラしたいと思います。

いのち爆買い

年末はドキュメンタリーが充実していて、いいですね。 今日はBS1スペシャル「いのち爆買い~米中・過熱する不妊ビジネス~」を見ました。 今、代理母ビジネスがアメリカでかなり流行っているそう。一人っ子政策が終わったことや、中国国内で代理母ビジネスは…

花のように優しく育てるべきだった

12月25日にBS1スペシャル「地下鉄に咲く小さな花 韓国 老人宅配便」をたまたま見た。 韓国は年金のシステムがまだ不十分で、高齢者の貧困が問題となっているようだ。そこで、そのような高齢者の働き口の受け皿として、老人宅配便というものがあるそうだ。…