マシバシイネツルカモ

鈴木敏夫が語るプロデューサーという仕事

久々に示唆に富む素晴らしい記事がありました。ジブリ鈴木敏夫さんが高畑勲監督について述べた以下のインタビューです。
bunshun.jp

まず最初に最初に気になったのは以下の部分です。

 席に着くやいなや、高畑さんは先制パンチを放ってきました。「僕が原作のどこに感動して映画を作ろうと思ったか、そういうくだらない話を聞きたいんでしょう」。以前に電話で話して、難しい人だということは分かっていました。僕はそのパンチをかわし、入念に準備した質問をぶつけていきました。それに答える高畑さんの話は止まらず、気がついたら3時間が経っていました。席を立つ間際、高畑さんは言いました。「取材にならなかったでしょう。記事にはならないですね」。僕はその挑発を受けて立ち、記事を書きました。
 その日から映画の完成まで毎日、高円寺に通い、高畑さんと話し続けることになるんです。そして、完成披露パーティの席上、高畑さんから「あなたのおかげで自分の考えを整理できた」と言われました。僕が映画を作るおもしろさ、プロデューサーの醍醐味を知ったのは、そのときが最初だったかもしれません。

 私自身もMSLとして、その領域の第一線で働く専門家と話をさせていただく機会が多くありました。この話は一流の専門家と仕事をする人間が目指すべき1つの姿ではないでしょうか。

私もどのような方法が、質の高い対談となるのかを常日頃考えさせられてきました。最も目指すべき姿は、相手側も満足し、自分自身も会社として必要な情報を得られることであることは間違いありません。ではどうすればそうなるのか、これが難しいのです。ビジネス本などにもあまり見かけたことがありません。

  1. 専門知識
  2. コミュニケーション力

この2つが重要となります。1は知識を詰め込むという単純な方法で解決します。しかし相手はその道で一流の専門家であり、こちらより知識がある場面のほうが多いです。また専門知識を持っているだけの人間と話していても、ハッキリ言って面白くありません。相手方の満足度を上げるためには2が重要なのです。その2のための1つの回答が

「あなたのおかげで自分の考えを整理できた」と言われました。

ではないでしょうか。

この言葉は話す相手側の評価として最高の言葉だと思います。

鈴木敏夫さんが宮崎駿監督や高畑勲監督と一緒に仕事をし、優れた作品を世に届けつづけた神髄の1つを垣間見た気がします。